管理人の趣味の車中泊や旅行の情報。他にも気になる情報などを紹介していきます!

石見銀山に行くなら電動アシスト自転車が必須!龍源寺間歩なら犬も一緒に見て回ることが出来るんです

2020/02/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
沖縄の斎場御嶽で出会った怪しいパワーストーン業者のおっちゃん。なぜか手相を見てくれて放った一言が「自営したら成功するよ!」 それを真に受けて、人生の転機を求めてブログの書いている今日この頃です。
詳しいプロフィールはこちら

皆さんは石見銀山ってご存じでしょうか。

世界遺産にもなっている島根県太田市にある遺跡なんですが

名前は聞いたことあるけど、行く機会って言うのが無くて行ったこと無かったんですよね。

そんな石見銀山を観光するにあたって、知っておいたほうがいい事をご紹介したいと思います。

これから石見銀山に行ってみようって人は参考にしてみてください。

アクセス


〒694-0305 島根県大田市大森町イ1597−3

マップをみてもらうと分かると思いますが、山の中です。

道中はホントに農道をずっと走っていく感じで道があっているのか悩んでしまうかもしれません。

僕が言ったのは平日の朝だったので車もほとんど走っていませんでした。

駐車場

石見銀山には無料の駐車場があります。

『代官所跡前駐車場』『銀山公園駐車場』『石見銀山駐車場』の3つの駐車場があります。どの駐車場も無料で使うことが出来ます。

この中でもお勧めの駐車場はこちら

銀山公園駐車場入り口

この様な入り口が見えた先にある駐車場で銀山公園駐車場です。

石見銀山でも最上部にある駐車場で、龍源寺間歩に行くのであればここが1番近いです。

ただし、この駐車場には20台程度しか止めることが出来ません。

なので、ここに止めたいのであれば朝の開園直後の9時くらいを目がけていくと良さそうです。

僕は平日の朝に行ったので10時過ぎでも普通に止められましたが、それでも割と駐車場は埋まっていた気がします。

代官所跡前駐車場は町歩きをするのであれば近くて便利なのですが、龍源寺間歩に行くのであればかなり遠いです。止められる台数も10台程度しか止めることが出来ません。

さらに、観光バスなどが来ていた場合、龍源寺間歩を見た後に町歩きを終えたツアー客が集まる場所になっている場合があります。狭い駐車場に人がなだれ込むので少し危ない感じがしました。

もう一つの石見銀山駐車場は400台止めることが出来る大型の駐車場です。

が・・・ここに止めると歩いて他の所に行くのは辛いかと思われます。世界遺産センターを見るか、シャトルバスに乗るのであればここを利用するのもいいと思います。

石見銀山をお得に観光するのならWAONを使うのがお勧め!

なんで観光にWAONなの? ってなりますよね。とりあえずこちらをご覧ください。

石見銀山WAON

このようにWAONでの支払いをすると、各施設が割引きをしてくれるんですよね。

銀山公園駐車場前の観光協会でチャージすることも出来るので、他の施設を回る前にWAONをチャージしておきましょう。

この観光協会では石見銀山の観光の順番なども親切に教えてくれますから、何か分からない事があれば聞いてから動いた方がいいですね。

龍源寺間歩に行くのなら電動アシスト自転車が必須!

駐車場から徒歩でも龍源寺間歩に行けないことはないのですが、

結構ハードです。

普通の山道を40分くらいかけて登っていく感じです。子連れだとかなり厳しいですよね。

僕は子供と犬を連れていたので徒歩は無理だとあきらめました。。。w

ここで登場するのが貸し自転車です。

観光協会から来た道を少し戻ると『貸し自転車弥七』と言う店があります。銀山公園駐車場から自転車を借りに行くのであれば、ここで借りることになると思います。

貸し自転車弥七

普通の自転車と電動アシスト自転車があるのですが、

ここはもう電動アシスト択一です。

間違っても普通の自転車で上ろうなんて考えない方がいいと思います。借り賃も数百円しか変わりませんからね。

写真の手前にある自転車の荷台についているのが子供用のシートです。これは別料金で200円でした。

基本的には5歳までしか保証はしません。との事でしたが、5年生と3年生の子供を乗せて走りましたw

何かあっても自己責任でいいのであれば、大きいお子さんでも乗せることは出来ます。

ここで自転車を借りようとすると、店のおいちゃんが結構喋ってくるんですが、ちょこちょこ小ネタをはさんできますw

まぁ、小ネタはいいのですが順路説明を聞いていると

『町並みを見るのなら、自転車で行っちゃうと5分くらいで通り過ぎてしまうから思い出も何も残らないよ。』

『町並みは歩いても30分位あれば回れるから、歩いて見た方がいいよ。』

ってな事を言うんですよね。

確かに、せっかく町並み見るのに自転車で通り過ぎてしまってはもったいないよね。って思ったりしたんですが・・・

いやいや!町並み30分じゃ見てから戻ってこれないから!!

ここの貸し自転車は電動アシスト自転車で2時間700円、普通の自転車で500円ってくくりがあるんですよね。

で、龍源寺間歩を往復しても1時間くらいあれば帰ってこれちゃうんです。

ああ、なるほどね・・・おっちゃんにやられたわ・・・

町並みの散策に自転車を使われると回転率悪くなるから、歩くことを進めているんだなと・・・w

確かに、時間があるのであれば町並みは歩いて見ることをお勧めします。ただ、後に予定を組んでいるのであれば自転車を返さずに回った方が効率的かもしれませんね。

犬も乗れます

ちなみに自転車には犬も乗せて走ることが出来ます。龍源寺間歩の中も一緒に入ることが出来ますから、わんちゃん連れでも楽しむことが出来ますよ。

お金に余裕があるのであればベロタクシーもあります

ベロタクシー

観光協会の横にはベロタクシーと呼ばれる物が駐在しています。見て分かるように人力で走るのですが、大人二人くらいなら乗ることが出来ます。

値段がね。ちょい高いんです。なので、うちは却下となりました。

このベロタクシー、オプションにはなりますが走るだけでは無く観光案内もしてくれます。

少しお高いですが、記念に乗ってみてもいいかもしれませんね。

龍源寺間歩は犬も入って観光出来るんです!

石見銀山の中でも龍源寺間歩だけは犬が一緒に入ることが出来ます。他の施設は残念ながら一緒には入れないので、すべてを見たいのであれば犬は連れてこない方がいいですね。

龍源寺間歩自体はそこまで広いわけではないので、中をみて回っても20分くらいで終わってしまうと思います。

ただ、中はすっごく涼しいです。まさに天然クーラーって感じですよ。

間歩を抜けると出口付近に

こんな感じの店があります。

香り石

その店の外ではこのような物が売られているのですが・・・まぁ、子供がほしがりますわなw

子供連れで行く場合には300円用意しておきましょう。

まとめ

今回は犬を連れての旅行だったので龍源寺間歩以外の施設には行っていないのですが、

それでも、間歩を見て町並みを回っていたら2時間位はかかりました。

これで全部を見て回ろうと思うと1日仕事ですね。

個人的には間歩と町並みを見たら満足な気もします。犬も一緒に回ることが出来ますしね。

間歩に向かう道中や町並みなどを見て回ると、静かで心も癒やされます。

一度は石見銀山観光をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
沖縄の斎場御嶽で出会った怪しいパワーストーン業者のおっちゃん。なぜか手相を見てくれて放った一言が「自営したら成功するよ!」 それを真に受けて、人生の転機を求めてブログの書いている今日この頃です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mobility-Log , 2018 All Rights Reserved.